ダントツ人気の海外宿泊旅行『台湾』の魅力発信!歴史とグルメ旅

アジア

ダントツ人気の海外宿泊旅行『台湾』の魅力発信!歴史とグルメ旅
キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

≪ふ~みん世界の旅シリーズ≫今やアジアを代表する海外観光旅行地『台湾』の魅力をおとどけします。



今回は【気絶級レベル】の名物「臭豆腐」の特集動画を盛り込んでいます。

台湾に行ったら・・・

「食べてみる!」「やめとく!」は、あなたにお任せしますが知っておくといいと思います。


では、最後まで台湾の歴史とグルメ旅をお楽しみください㋧

【旅先の地域名】


台湾


地図 ↓


【台湾の歴史や背景】


台湾は、山岳地帯の多い「高山島」です。3000mを越える山々の数は多く、冬には雪が降る地域もあります。

この高山地形により、山水資源の豊かな国です。

台湾の公用語は中国語(北京語)です。

国内では国語と呼ばれていますが、高齢者や農村部では台湾語または客家語、日本語のみで北京語が話せない方々が今でもいます。

日本統治時代は日本語で、中国国民党による戒厳令時代は北京語で教育することが定められていたためです。

世代間でコミュニケーションが成り立たないということも起こるそうです。

台湾の人々は、教育熱心で学歴社会とも言われています。

人口の9割以上は漢民族で、他は原住民族です。

原住民族と呼ばれる人々は約16族あり、台湾の各地に散居しています。

【台湾のみどころ:都市別に観光ポイントをご紹介します】

<台北(たいぺい)>


・故宮博物院(こきゅうはくぶついん)

故宮博物院は、台湾観光では必見の観光スポットです。

歴史に翻弄され、戦禍を逃れた、中華文化の一級美術工芸コレクション展示されていて、世界四大博物館に数えられています。

故宮博物院 ↑


およそ70万点近くの収蔵品があり、常時展示されているのは6000~8000点です。

展示品は、3~6か月おきに入れ替えられますが、すべてを見て回るには10年以上かかると言われます。




有名な展示品の1つ、「翠玉白菜」↑

天然の翡翠と玉からできた繊細な彫刻です。

白菜の上に2匹の虫、キリギリスとイナゴがとまっています。



・自由広場門 ↓


大通りに面しているので直ぐに目に入ります。

この門の先に、中正紀念堂があります。



・中正紀念堂 ↓


中正紀念堂は、中華民国初代総統の「蒋介石」の本名「蒋中正」から名付けられました。

正面中央の本堂では、蒋介石の坐像が置かれています。

その両脇には、衛兵が見守っており、ここで「衛兵交代式」が1時間おきに行われています。



蒋介石像と衛兵 ↑

白い夏服(冬服は黒)は海軍のみあります。紺色は空軍で、濃緑色が陸軍だそうです。

中正紀念堂の「衛兵交代式」は、ここ屋内で行われます。

微動だにせず、まるで人形のように引き締まった衛兵の姿に惹きつけられます。


・忠烈祠(ちゅうれつし)

戦争で犠牲となった革命烈士、33万人の兵士がここに祀られています。

出典 http://jp.taiwan.net.tw


忠烈祠、門の中央入り口脇に衛兵がいます。

ここでも衛兵交代式が行われます。 

門の先の建物には、烈士の遺影が祀られています。


<高雄(カオション)>


高雄にある蓮池潭(れんちたん、リャンチータン)は、淡水池です。

池の周りには、観光名所として有名な寺院がいくつかあります。

その一つ「龍虎塔」は、「龍の口から入り、虎の口から出ると悪行が帳消しになる」の言われで有名な寺院です。

清められたぁーい。

心当たりがあるぅ~。

と思う方は、是非っ!


私も、クネクネと歩いて参りました。

水の上を走る風が心地よく、まさに身も心も清められる思いの風光明媚な名所です。


龍虎塔 ↑

龍虎塔から少し北に行くと、観音様が龍に乗っている春秋閣があります。

その奥にある長い橋を進んでいくと、三層建て中国式東屋の「五里亭」があります。


手前が五里亭。並んで、北極亭の玄天上帝像が見えます。

水面に建つカラフルで独特な色彩の建造物を眺めていると、解放感と共に、自然と異国情緒が溢れて来ます。


<花蓮(ホワリエン)>


花蓮にある国立公園・太魯閣国家公園(タロコ-こっかこうえん)の公園内、太魯閣渓谷(タロコ渓谷)は、景勝地として有名です。

立霧渓が大理石の岩盤を侵食して形成された大渓谷であることから大理石産出地としても有名です。

出典 http://imagec.navi.com


景勝地の1つ、燕子口


【台湾おすすめポイント】

<九份>


日本統治時代に建てられた建造と西洋風の建物が入り混じる、どこか懐かしい風情の町です。

午後のひとときを、九份の茶藝館で、のんびりと台湾茶をいただく。

そんな贅沢な時を味わってみてはいかがですか。


茶藝館の台湾茶



夕方になると、あちらこちらに提灯が灯ります。


「千と千尋の神隠し」で見たことがある雰囲気!

と評判の茶藝館は、「阿妹茶酒館」のことかもしれませんね。


台湾で人気のノスタルジックな九份の町、散策を楽しんでみませんか。

<パワーストーン台湾翡翠>


今では、台湾全土のお土産屋さんで翡翠は売られています。

花蓮の太魯閣渓谷周辺は、大理石産出地です。

その大理石の間から翡翠が取れます。

黄色翡翠も多く取れ、台湾翡翠は魔除けとして愛されています。

台湾産の翡翠は軟玉の翡翠です。 

翡翠の硬度としては高くありませんが、靭性(割れや欠けに対する耐性です)が高いです。

ハンマーでたたいても割れないといわれています。


数十年前に花蓮で購入した台湾翡翠のピアス、細かい細工もそのままに、まだまだ愛用しています。

<担仔麺(たんつーめん、ダンザイミェン)>


担仔麺は、台湾の小吃(シャオチー、店や屋台で食べる中華の一品料理、麺類、丼、など。)として知られる小ぶりの汁入り麺料理です。

出汁にエビを使っていてあっさりタイプのお味で、挽肉そぼろや青菜などがトッピングされます。

数ある人気の台湾麺類ですが、担仔麺は、台南が発祥地の名物です。

台湾全土で人気です。


台南市「度小月」の担仔麺


<夜市>


台北で初めて「観光夜市」が現れたのは、龍山寺の近く「華西街観光夜市」です。

グルメだけでなく怪しく珍しい品々が並んでいました。

だからこそ、魅かれる台湾の夜市♪

現在では、夕暮れになると、市内のあちらこちらで夜市が開かれます。

台北市内なら利用しているホテルの近くにも、きっと夜市があるでしょう。

屋台のお店の人たちとの掛け合いも楽しい!見てよし、食べてよしの夜市へ足を運んでみてはいかがですか。

出典 http://imagec.navi.com


出典 http://imagec.navi.com



臭ければ臭いほど良いと言われる「臭豆腐」、食べ方は色々、お試しくださいな。



ふ~みん世界の旅シリーズ。台湾の歴史とグルメ旅はいかがでしたか?

美味しい食べ物と寛ぎのお茶文化、色彩豊かな寺院や世界でも有名な故宮博物院。

漢民族文明と先住民の文化に触れる島、台湾。心の癒しとパワー、活力を与えてくれる台湾。

是非、お楽しみくださいね♪



この記事が気に入ってもらえたらブックマークやお気に入り登録、そしてシェアで応援していただけたら励みになります(*^_^*)


またお会いしましょう。


最後までお読みいただきありがとうございました。


では、ラストに気絶レベル級の臭豆腐食レポ動画を「もし、よろしければ・・・(閲覧注意)」ご覧ください。


【気絶レベル】中国の臭豆腐が異次元級に臭かった【大ピンチ】



↓ご覧のキュレーションが無料・簡単・誰でも作れます↓

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ