「ゴーストタウン」へ行こう!アメリカアラスカ州の廃墟ケネコット鉱山

アメリカ

「ゴーストタウン」へ行こう!アメリカアラスカ州の廃墟ケネコット鉱山
稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
アメリカ アラスカ州 ケネコット鉱山跡

出典 http://upload.wikimedia.org

アメリカ・アラスカ州の廃墟!危険な観光スポット「ケネコット鉱山跡」レビュー!

【アラスカ州について】

アラスカ州(英: State of Alaska [əˈlæskə] ( 聞く))は、アメリカ合衆国最北端にある州。アリューシャン列島を含む。北アメリカ大陸北西の端にあり、合衆国本土とはカナダを挟んで飛地になっている。アラスカでは、合衆国本土を"lower 48"(直訳:南方の48州。アメリカ50州からアラスカとハワイを除いたもの)と呼ぶことがある[2]。
アメリカ合衆国の州の中では面積最大であり、東はカナダ、北は北極海、西と南は太平洋と接し、西のベーリング海を隔ててロシアとも海上の国境がある。2010年国勢調査による人口は710,231人であり[3]、その約半分はアンカレッジ都市圏に住んでいる。州都はジュノー市で、最大都市はアンカレッジ市である。海港アンカレッジはかつてアジアとアメリカおよびヨーロッパを結ぶ航空路線の寄港地として知られた。アメリカ合衆国の州の中では人口密度が最小の州でもある[4]。
アラスカは1867年3月30日にロシア帝国からアメリカ合衆国が買収した。その後幾つかの管理形態の変遷を経て、1912年5月11日にアラスカ準州、1959年1月3日にアラスカ州となった。

出典 http://ja.wikipedia.org

【ケネコット鉱山跡概要】


国・地域:アメリカアラスカ州南部

アクセス:アンカレジから車で約6時間

ケネコット鉱山とは

アメリカアラスカ州南部にあるランゲル・セントイライアス国立公園でアメリカ最大の面積をもつ国立公園です。

1979年に公園内の一部が世界遺産に登録され、その大部分が自然保護地域に指定されています。


この自然豊かな国立公園に残されているのが、古く昔には採石された鉱石の加工作業だった工場跡地である、ケネコット鉱山とその鉱山街です。

【ケネコット鉱山の歴史と背景】


ケネコット鉱山の発見は1900年にアラスカにいた2人の探鉱者によって偶然発見されました。その後、急速に規模は拡大され1916年が採掘の最盛期でした。

このとき、価値にしてなんと2億ドルもの銅を産出しました。そしてこのころ鉱山では200~300人もの人々が働いていたといわれています。

【ケネコット鉱山の衰退】


最盛期には鉱山街として活気に満ちていたケネコットの街は、鉱山の宿命ともいうべき、採掘量が減るとともにケネコットから人々は去りゆき1938年には閉山しました。

人のいなくなった町に残された建物や鉱山跡地は時の流れのまま風化して、さながらゴーストタウンのようになっていきました。

ケネコット鉱山跡

出典 http://upload.wikimedia.org

【ケネコット鉱山の現在】


国立公園局によって修復が行われ、1986年には国定歴史建造物として認定されました。生まれ変わったケネコットの鉱山街は現在観光スポットとなっています。


放棄された工場の内部などはガイドツアーにより見学ができるようになっています。


ケネコット鉱山跡

出典 http://upload.wikimedia.org

【ケネコット鉱山まとめと回想】


1800年年代の半ば、アメリカ・カリフォルニア州で起きたゴールドラッシュのあとに沸いた鉱山採掘の跡地(廃墟)がケネコット鉱山でしょうか。

諸説は、1938年ごろに銅が採れなくなると人々は皆この地を去ったとうことになっています。

ちょっと怖い話になりますが、奇妙なできごともあるようです。


山から鉱山労働者の声がこだましたり、工事道具が工具ベルトから飛び出したりなどという怪奇的なことがおこって、廃墟を保存するための建設工事が減速し中断されるということがあったようです。


ゴーストタウンと言えば時の運や変化に見捨てられた場所や街であるかもしれませんが、なかにはそこを離れたくなかったり、離れようとしなかった者もいるのかもしれませんね!


旅行といえば、きれいな土地や建物を鑑賞するのもよいですが、時代に飲まれ朽ち行く歴史の一端をみてみるのも一興です。



アラスカ州旗は青字に北極星と北斗七星が描かれていて、地域をよく表しています

青地と黄色い星のコントラストがとてもきれいですね!

アラスカの州旗について、wikiから引用しましたので参考にしてください。

最後までお読みいただきありがとうございます。


アラスカ州旗

アラスカ州の旗は、1927年に成立した。青地に北極星と北斗七星が描かれている。
この旗は、アラスカ準州の旗を公募した際、当時13歳の少年であったベニー・ベンソンがデザインしたものであり、1927年5月2日に正式に採用された。

出典 http://ja.wikipedia.org

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ